blog

blog

わかりやすい!自動詞と他動詞の違いを学ぼう

わかりやすい!自動詞と他動詞の違いを学ぼうの画像

わかりやすい!自動詞と他動詞の違いを学ぼう

生徒:「動詞にはどんな種類があるんですか?」 先生:「動詞には大きく分けて、自分で動く動詞(自動詞)と、何かに作用する動詞(他動詞)があるよ。」 生徒:「自動詞と間違えやすい他動詞ってど...

イーダちゃんとお花たちの夜の舞踏会の秘密

イーダちゃんとお花たちの夜の舞踏会の秘密の画像

イーダちゃんとお花たちの夜の舞踏会の秘密

文章 「きょうは、お花たち、どうしてこんなに元気がないの?」と、イーダちゃんは、もう一度聞きながら、すっかりしおれている花たばを見せました。
「うん、お花たちはね、気持がわるいんだよ」と...

アヒルのお母さんと小さい鳥の大きな勘違い

アヒルのお母さんと小さい鳥の大きな勘違いの画像

アヒルのお母さんと小さい鳥の大きな勘違い

文章 「そんなものは、ひよっこにでも、やったらいいじゃないの」と、奥さんは言いました。「そんなところにつっ立って、わたしのじゃまをしないでおくれ」
「奥さんは、ぼくをおこっているんですね...

カレンと魔法の赤いくつ:希望の物語

カレンと魔法の赤いくつ:希望の物語の画像

カレンと魔法の赤いくつ:希望の物語

文章
「そのとき、年とったかっぷくのいいお年よりの奥おくさまをのせた、古風な大馬車が、そこを通りかかりました。この奥さまは、むすめの様子をみると、かわいそうになって、『よくめんどうをみて...

『裸の王様』に見る集団思考の罠:虚栄心と社会的圧力の深層心理学

『裸の王様』に見る集団思考の罠:虚栄心と社会的圧力の深層心理学の画像

『裸の王様』に見る集団思考の罠:虚栄心と社会的圧力の深層心理学

文章 「ねえ、もう少し近くに来てご覧なさい。この布の模様は、様々な技法を駆使して作り上げられており、まことに素晴らしい。色彩もまた、自然の美しさを映し出しているかのようだ。見ているだけで...

見かけの変容:「みにくいアヒルの子」の自己発見の旅

見かけの変容:「みにくいアヒルの子」の自己発見の旅の画像

見かけの変容:「みにくいアヒルの子」の自己発見の旅

文章
「ぼくがみにくいアヒルの子だったときには、こんなに幸福になれようとは、夢にも思わなかった!」 解説
このお話は、最後の部分で、昔は見た目がみにくかったアヒルの子が、大きくなって美し...

一瞬と永遠―平家物語から学ぶ、無常の美学

一瞬と永遠―平家物語から学ぶ、無常の美学の画像

一瞬と永遠―平家物語から学ぶ、無常の美学

「平家物語」の冒頭を開くと、遠くの海から吹いてくる風のように、「諸行無常の響きあり」という言葉が耳元で囁いているような感じがします。この一節は、日本文学の海の中で輝く一粒の真珠のようで、...

「風の又三郎」を読む: 宮沢賢治が描く子どもたちの世界

「風の又三郎」を読む: 宮沢賢治が描く子どもたちの世界の画像

「風の又三郎」を読む: 宮沢賢治が描く子どもたちの世界

「風の又三郎」は、時間を超えた宝物のように、宮沢賢治の手によって織りなされた物語です。静かながらも深い響きを持つこの作品は、神秘的な少年、又三郎と、彼が触れ合う田舎の学校の子どもたちの間...

平安時代の繊細な美意識:『源氏物語』「空蝉」の華やかな装い

平安時代の繊細な美意識:『源氏物語』「空蝉」の華やかな装いの画像

平安時代の繊細な美意識:『源氏物語』「空蝉」の華やかな装い

平安時代、その華やかな宮廷の生活と、洗練された美意識が息づく時代。『源氏物語』の中では、この時代の生活様式が、絵巻物のように色鮮やかに織りなされています。物語の主人公、光源氏の愛と冒険を...

なぜ円は360度?"バビロニアから現代へ:360度の数学的意義と歴史"

なぜ円は360度?

なぜ円は360度?"バビロニアから現代へ:360度の数学的意義と歴史"

序論
なぜ円は360度に分けられているのでしょうか?最初はランダムな選択のように思えますが、歴史と数学を深く掘り下げると、この特定の数字が選ばれた興味深い理由が明らかになります。何世紀...

慶應大学経済学部入試:金貨と銀貨の確率問題

慶應大学経済学部入試:金貨と銀貨の確率問題の画像

慶應大学経済学部入試:金貨と銀貨の確率問題

問題 あなたは金貨と銀貨、それぞれ一枚ずつを同時に投げる試行を行います。この試行は以下のように点数を得ます。金貨が裏の場合、0点を得ます。 金貨が表で銀貨が裏の場合、1点を得ます。 ...

芥川龍之介の愛読書から学ぶ文学の魅力

芥川龍之介の愛読書から学ぶ文学の魅力の画像

芥川龍之介の愛読書から学ぶ文学の魅力

日本文学の星座において、芥川龍之介は煌めく一星。彼の物語は、心の深淵を探る筆致と、独自の響きを持つ文体で世に知られています。本稿においては、彼の創作の奥行きよりも、彼が親しみを寄せた蔵書...